「市営地下火葬施設」の建設で市民サービスの向上を

現在、川口市民の多くは葬儀の際にご自宅、もしくは最寄りの斎場を葬儀式場として利用し、火葬場は「戸田葬祭場」を利用するのが一般的かと思われます。理由は簡単で川口市に市営の葬祭場(火葬施設)がないからです。これまで何度も検討されてきた川口市営葬祭場(火葬施設)ですが、その建設にあたっては、迷惑施設として周辺住民等の反対の的となり実現にはいたりませんでした。しかし、時代は進み本年には火葬施設を地下に建設する工法が確立しています。公共用地の丘陵部などにトンネル工法により空間を設け、火葬施設を丘陵地の山の中に建設する工法です。地下に集じん設備なども用意し煙やにおいの発生を抑制した環境にも優しい施設とすることが可能です。また、車両の通路も地下に整備することができますので、周辺環境にあまり手を加えず、森林資源等の自然環境を保全することができます。調査したところでは建設費は土木工事が通常の2~3割高くかかるとのことです。
次に、市民の皆様が「戸田葬祭場」を火葬施設として利用する際の火葬料金(休憩室等使用料を除く)だけを周辺市町村の公営火葬場と比較してみました。

◆戸田葬祭場◆  ¥48.300~

[周辺市町村公営火葬場]
◆浦和斎場◆   ¥ 7.000(さいたま市民)
            ¥30.000(さいたま市民以外)
◆東松山斎場◆ ¥10.000(東松山市、滑川町、嵐山町、小川町、ときがわ町、
              川島町、吉見町、東秩父村の住民)
            ¥45.000(上記以外の住民)
◆行田市斎場◆  ¥ 7.000(行田市民)
            ¥50.000(行田市民以外)
◆三郷市斎場◆  ¥ 5.000(三郷市民)
            ¥50.000(三郷市民以外)
◆思い出の里会館◆(市営・旧大宮斎場)
            ¥ 7.000(さいたま市民)
            ¥30.000(さいたま市民以外)
◆越谷市斎場◆  ¥ 2.500~10.000(越谷・吉川・松伏市民)
            ¥20.000~80.000(越谷・吉川・松伏市民以外)
◆所沢市斎場◆  ¥ 5.000(所沢市民)
            ¥50.000(所沢市民以外)

さらに、式場使用料を比較してみましたところ、公営の斎場の料金は戸田葬祭場の料金の3割前後であることもわかってまいりました。以上のことを考慮し、
割高ではありますが川口市営地下火葬施設を建設し、住民サービスの向上へとつなげるべきであると提案させていただきます。

カテゴリー: 暮らしの情報 タグ: パーマリンク