都市基盤整備と放置自転車対策


<放置自転車対策の推進>
放置自転車対策は川口市役所ばかりでなく地元警察署、鉄道事業者、商業経営者、住民等の民間の協力も必要であり「(仮)放置自転車対策検討委員会」=『官民協働協議会』を立ち上げ問題解決に向け研究をし、多様な方法で事業を実践していかなければなりません。その場しのぎの対応をするのではなく放置自転車対策、自転車利用環境の整備、自転車利用者のマナー・ルールの確立などを駅周辺交通体系の中での交通手段として自転車の位置づけを明確にし、大局的な見地からの考え方を浸透させ、実現できる事から段階的に取り組んでいくことが必要です。特に樹モールは川口市内の商店街の中でトップの集客力をもつ商店街です。川口市の地域イメージ、商業のイメージを高めるためにも商店街や行政とも協力し合い問題を改善してまいりたいと考えております。その他にも川口駅東口周辺の放置自転車・違法駐輪問題につきましてはいろいろな問題があると考えられますが、まずは今しかできないことを“ひとつひとつを確実に!”提案し実行していくことが必要であると確信しております。

<川信通り(セントラルアベニュー商店会内)の路面改修工事の推進>
車道と歩道の改修工事にあたって、電線の地中化、段差の解消と放置自転車対策を考慮する必要があります。無計画に歩車道の改修工事を実施してしまえば工事完了後、時間をおかずに放置自転車による違法駐輪場と化してしまうことは容易に想像がつきます。そこで「道路付属物としての簡易駐輪機器」の設置も検討し、人や車の通行をより安全なものとしなければなりません。

<六間道路沿線の街づくりの推進>
六間道路は、まちの中央を通り、かつ中心市街地にある2つの駅川口駅と川口元郷駅を結ぶ道路です。六間通り沿道のまちづくりでは、「まち全体の空間ネットワークの構築」「それぞれの街路に特徴を与える」「歩行者や自転車のスピードへの対応」をコンセプトに、点在するまちの資源を連結させていき、まち全体を歩行者に優しい場所に変えていくことを目的としています。また、芝川公園やさくら橋周辺を拠点とした旧芝川の環境整備の早期実施を支援し、六間道路と連続した旧芝川沿いの自然環境を保全した遊歩道の実現を図ります。

<通称SL青葉通りを安全で快適な生活道路に>
川口駅東口に、商業施設や行政サービス窓口、図書館などを併設したキュポラ、さらに隣接してオーベルタワー川口が完成し駅前の大型再開発もひと段落しました。また、サッポロビール工場跡地にイトーヨーカドーをキーテナントとしたアリオ川口、川口市立アートギャラリー:アトリア、さらに同敷地内に800世帯以上が入居するリボンシティレジデンスが相次いでオープンしました。その景観はまるで新しい街が突然に出現したと思われるほどです。特にリボンシティレジデンスは計画前がビール工場であったために生活道路の整備がなされていません。特に駅から栄町3丁目を抜け、幸町3丁目のSL青葉通りにかけての道路は、一部がコミュニティ道路として整備されているものの、現在の歩行者数を想定していないいためか、歩行者の多くが車道を歩道代わりに使用しています。また、夜間においては街路灯の数も少なくリボンシティレジデンスや近隣住民の皆様の安全と安心を確保するにはいたっておりません。今後は夜間でも安心して歩ける生活道路とするために街路灯の増設や栄町三丁目区間の整備の実現に向けて活動してまいりたいと考えております。

<地域の歴史を活かした街づくり>
本町周辺で、「歴史・環境資源の現代的再生」「さまざまな資源の連携による回遊路の創出」「身の丈にあった整備のまちへの埋め込み」をコンセプトに,川口中心市街地の持つ歴史性や自然資源を自分たちの手で再生させ、これらを連結することで、このエリアの持つ独自性を再生していきます。

<栄町公民館立替>
栄町公民館の位置する幸栄地区は川口市の玄関口として目覚しい発展を遂げて参りました。「キャスティ」「アリオ川口」「キュポラ」のオープンなど、発展する川口の象徴として、さらには多くの人々が行き交う「買い物のまち」として、中央地区と共に進化し続けています。幸栄地区と中央地区は、共に駅前という環境にあり、隣接しているため共通の課題と認識を共有しています。その中で栄町公民館は社会教育活動やコミュニティ活動の拠点、生涯学習の場として長年、幸栄地区の市民生活に貢献してきました。その歴史は昭和35年にまで遡ります。旧川口警察署跡に日本住宅公団施設を建設するあたり、当時の中央公民館から分離し、公団施設の一部に新設開館されたものです。しかし現在は築45年を経過し、施設は老朽化し、狭隘となっております。当然のことながら現在の建築基準法における耐震基準は満たされておらず、補強もしくは建て替が必要な建物と認識されています。又、平成14年4月に隣接する中央地区に「中央ふれあい館」が開設されました。その目的は市民が相互学習によって、「よき大人、よき知識人」となるための学習の場を提供することであります。こうした地域の状況をふまえて栄町公民館の早期建替え実現しなければなりません

<川口駅ホームの増設>
川口駅は「京浜東北線」のみの停車駅にかかわらず、1日の乗降客は、15万人にものぼります。埼玉県内の駅の中では、大宮駅、川越駅に続き3番目に多い乗降客数となっています。しかし、ひとつのホームで上り線、下り線が停車しており、通勤・遊学の時間帯ではかなりの混雑が発生しています。現在、駅前のいたるところで再開発が行われ、商業施設、公共施設、マンション等が急増し、今後ますます乗降客の増加が見込まれます。川口駅に、上り線、下り線専用のホームを増設してより快適に利用できるよう推進します。

<リング道路の整備・推進>
川口駅周辺整備構想では、川口駅東口地区を商業・業務ゾーン、西口地区を公共文化ゾーンとしてそれぞれを整備し、両地区の整備効果を一体的に高めるために、川口駅を中心としたリング道路の整備を図ります。駅周辺の再開発やサッポロビール工場跡地の開発などにより、駅前地区の通過交通は増大しており、特に朝夕を中心とした産業道路の渋滞対策は急務な課題です。リング道路を構成する八間通り、中央通り、本町飯塚線、栄町飯塚線の中で平成19年度には、八間通りの一方通行の規制解除が決定されましたが、計画としてはまだスタートラインに立ったところという状況です。安全で快適な歩行者空間の確保をし効果的に計画を推進します。

<丸井裏>

<幸町二丁目青少年センター建替>

カテゴリー: 政策 タグ: パーマリンク